【GoToキャンペーン】鯨フルコースを食べに千葉県和田浦「じんざ」に行ってきたよ

こんにちは。YUMAです。

使えるうちに使っとこうよGoToトラベル!ってことで少し前から気になっていた鯨フルコースを出してくれる千葉県和田浦の宿、じんざに行ってきました。例によって普通の土日で非日常を味わう旅です。

和田浦は房総半島の先っちょにの方にある館山市にあります。千葉駅から内房線をずーっと乗っていくと3時間くらいで着きます。かなり遠く感じます。

内房線のこの辺りはどこも無人駅で和田浦駅もほぼなにもない小さな駅です。ただ、ここは捕鯨で有名な町で、クジラを売りにしています。

捕鯨が有名なのは和歌山県太地町のほか北海道ですね。あとは関東では唯一の捕鯨港のあるここ和田町です。

近くには捕鯨基地があってクジラを取ってきたタイミングがあれば解体も見られるそう。でもそれは相当運が良くタイミングが合えばの話だと思いますがね。

内房線はどこもそうですが、和田浦駅も海沿い。なので海水浴ができる海まで歩いて5分。あたりには数える程度のの民宿だけがありますがその中でも密かにファンが多いのが「じんざ」です。

じんざでは鯨のフルコースがいただけるのです‼️

クジラ大好きの私はいつか行ってみたいと思っていた宿なので、GoToトラベルを機に行ってきました。鯨フルコースで朝食もついて1人11,000円ほど(GoTo適用前)です。

この日はあいにく台風が接近していて、予報では土曜日の夜に房総半島を直撃します。にもかかわらず、「どこも観光せずご飯食べて1泊するだけなら大丈夫でしょ」というノリで行ってきました。子供も外泊はテンション上がりますからね。

ということで土曜から雨でしたがそこまで強くないし風はほとんどありません。

↓和田浦駅前。一見するとマジで何もないです。反対側に回ればローソンがあり、道の駅があり、海水浴場があります。

↓和田浦駅おりてほぼ目の前に「じんざ」があります。

いかにも民宿という佇まいです。「旅館」ではなく民宿です。

扉を開けても誰もいません、来ません。

入り口にはクジラや捕鯨に関連するものがたくさん飾られています。

誰もいないので大きめの声ですみませんと呼んだらおじさんが丁寧に対応してくださいました。ご夫婦二人だけでやられている民宿のようです。

GoToトラベルの地域共通クーポンも4000円分頂きました。

↓民宿という感じです。部屋は全部で4つのみ。この日は台風が接近していたにも関わらず我々含めて3部屋が埋まってました。部屋に冷蔵庫はないので写真右下に見える共有の冷蔵庫が使えます。

↓奥に見えるのが厨房です。チェックインしたのが16時ころでしたが、すでに晩御飯の支度で忙しそうです。朝夕ともに部屋食です。

↓部屋はこんな感じです。今が2代目ということで昭和40年頃からやっている民宿。正直、古さはかなり感じます。

↑WiFiはありました。

↓最低限のアメニティもあります。髭剃りはなし。

↓布団はセルフサービスです。この椅子は子供用に3人目の椅子としてご用意していただいていたようです。ちょうどいいサイズです。

お風呂とトイレは部屋にないので共用です。お風呂は空いてれば鍵をかけていつでも入れます。逆に部屋は施錠できないので注意。

↓子供用のお風呂のおもちゃが置いてあったりしてとっても楽しめました。ボディソープやシャンプー類はあります。

お風呂を出たら夕飯まで時間があるのでとりあえず買ってきたビールを飲みます。

ちなみにコンビニは和田浦駅すぐそばにローソンがあります。GoToトラベルの地域共通クーポンがもちろん使えます。

↓じんざでも注文はできるようです。部屋にメニューが置いてありました。

↓今回は鯨フルコースを予約してありますが、アラカルトでも注文できるみたいです。でも夫婦で切り盛りしてるのでかなり忙しそうです。

↓で、18時ころにお部屋まで食事が運ばれてきました。大きなお盆にフルコースです!

すごい!鯨尽くし!美味そう!ボリュームもすごい!

あまりのテンションの盛り上がりに、なんと夕食の写真をこれ1枚しか撮っていません。。。(反省)

ほんとは一品ずつアップを撮った方が良かったのかもしれませんが。ビールとワイン赤白を用意していて心の余裕がありませんでした。

フルコースのお品書きは以下の通りです。

そのときの用意できるものによって微妙に入れ替わります。百尋(ひゃくひろ)は鯨の内臓、さえずりは舌、たれはジャーキーみたいな感じのものです。刺盛りと寿司は基本は同じで5種類。竜田揚げと南蛮漬けも基本は同じものです。

ほかに鮭といくらのご飯、貝(何か分からなかった)の煮つけ、スズキのフライなど鯨以外にもおつまみ系含めてたくさんふるまっていただきました。落花生はおおまさりですね。当たり前ですがどれもめちゃくちゃ美味しいです。幼児用の食器もご用意してくださいました。

今日は槌鯨(つちくじら)のステーキではなく焼肉風になりますと言って、別で後から出てきたのがこちら↓

見た目は3切だけでしょぼかったですが味付けが濃いめにされていて肉っぽくて美味しかったです。

ということで、ワイン(ローソンで買ったやつ)も白→赤ですすんで泥酔。そのまま子供と一緒の時間に寝ました。

で翌朝7:30に朝食です。

↓朝食付きでも料金は1000円しか変わらなかったので期待はしてなかったのですが、これもとても美味しかったです。

地味にうれしいのが魚がよくある鯵の干物でなくて鯖だったこと。あとは小さいけれどお味噌汁には伊勢海老が1匹入ってます。

朝風呂上りなのでビールも少々いただきますよ。

子供用には味が薄めのお味噌汁を別に用意してくださいました。

とても満足したところで外を見ると、なんんと台風は大きく南側へ逸れて外は快晴です。風は多少ありますが蒸し暑いくらいのいい天気。ということで和田浦駅近辺を散策しようということになりました。

↓チェックアウトのときに撮った入口の写真。キャッシュレス対応してますね。そしてGoToトラベルのクーポンが使える!

ってことはここでチェックインしたときに貰ったクーポンがチェックアウトの支払いのときに使えちゃうわけ!?今回、私は事前にカード支払いしていたので分かりませんが恐らくそういうことなのでしょうか。

↑こちらの貝殻は子供用で記念に持ち帰っていいそうです。子供は大喜びです。

さて、道の駅に行きましょう。和田浦駅からすぐそばに鯨の資料館と道の駅が併設された場所があります。そこまで歩いて5分くらい。

↓入口。結構、新しいですね。期待できます。鯨のキャラクターですかね。

↓シロナガスクジラの等身大の骨の模型です。

全長26mですからね。世界最大の動物です。

↓奥まで進むとかなりしっかりした道の駅があります。

中には地元で採れた朝採れの野菜のほか、お弁当、鯨のお土産などがたくさん売っています。

もちろんGoToトラベルの地域共通クーポンが使えます。

昨晩食べた鯨、スーパーでは買うことのできない鯨の部位(さえずり、たれ、皮)が売ってますね。うーむ、どれを買って帰ろうか迷う。

↓結局、買ったのはこれ。鯨の肉の塊、450gです。これでうちに帰ったらステーキか焼肉にします。

あとは野菜も鮮度が良くて安かったので大量に買いました。

そのほか、レストランが併設されていて食事も楽しめます。

買い物をしたらせっかくなので海に出てみます。台風が過ぎたばかりなのでまだ波は高かったですが、晴れてはいたのでとてもキレイでした。

夏にはここで海水浴ができて、そのままじんざのお風呂に入れます。うーん、想像するだけで楽しそうですね。

ということで、民宿「じんざ」は必ず夏にリピートしようと心に決めたのでした。

それではまた。